名刺印刷

今や「個性的」が主流な名刺のデザイン

近年は名刺にも、人それぞれの個性が見えるようになってきました。

例えば、私が最近みたもののなかでインパクトがあったのは透明のプラスチッック製のカードに印刷してあるもの、カメラマンさんですと裏面がまるまる写真のもの、デザイナーさんの名刺だと印刷してある紙の形自体が既存の形とは違うものなど、非常に面白いものが多くなっています。

また、印刷会社さんの方も、そういった名刺のデザインには力を入れているように感じます。調べてみると色々な会社さんが様々な印刷方法を提示し、インパクトのある名刺作りに一役買っているようです。

入稿の際も Photoshop や Illustrator で簡単に指定するだけでそういったデザインのものが作れるようですし、会社さんの方で手直しをしてくれる、という気の利いたサービスまでありました。

デザイン、というとなんとなく難しく感じてしまい、難航しがちですが、実際は形にとらわれる事の無い自由なものを使っている方も多く、自分らしい、自由な発想で作ってしまってもいいようです。

寧ろ面白いデザインの方が、最初の会話のきっかけになるなど、架け橋的な役目を果たしてくれる事もあります。

ついつい誰かに自慢してしまいたくなるようなものや、なんとなく貰って嬉しくなるようなものや、大切に撮っておきたくなるようなもの、また、一目見ただけで「あ、これはあの人の」とすぐに分かるようなデザインのもの、そういった視点から名刺作りをしてみてはいかがでしょうか。

名刺の活用方法と意味を考えて本当に自分にあったものを作る

ビジネスマンにとって名刺は必須アイテムです。初めてお会いする相手に対し、自分の自己紹介を兼ねて渡すことで今後の関係のスタートとなります。ビジネスにおいて、名刺を... 詳細を読む